カテゴリー別アーカイブ: ブログ

poster

【レビュー】オンリー・ゴッド

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

2012年公開の「ドライブ」でコンビを組んだ監督ニコラス・ウィンディング・レフンと主演ライアン・ゴズリングの最新作。
「ドライブ」は全体を通した映像や音楽のクールさ、静かな語り口、バイオレンスだけど品がある感じ、そしてライアン・ゴズリングの色男っぷりが魅力的な映画でした。
今回もある程度そのテイストが入ってる事を期待して観てきましたが、想像を超える濃厚さでした。
特に今回はレフン監督の作家性やフェティシズムが出まくっています。日本で言うと園子温監督の映画を観ているようなノリです。
それはかなり独特な世界観で、観る人に何かを感じてもらおうとか、楽しんでもらおうといった配慮が一切無いものです。
そういう意味では一種のアートを見ている感覚ですかね。

セリフは極端に少なく、淡々と画で見せ、90分という短い上映時間も長いと思わせるぐらいの間と沈黙の使い方。
その静かさと反して攻撃性を煽るような”赤”を多用した画作りとバイオレンスなアクション。
舞台となるタイのバンコクも怪しく美しく見せています。

今回「神」と名乗り登場するチャンという元警官で謎の男。
ジュリアン(ライアン・ゴズリング)の相手として見ると敵のようにも見えますが、実は彼がこの話の主人公でもあります。
背中から取り出す刃先の角ばった刀で罪を犯した人間を容赦なく成敗する。
演出上はすごく恐ろしいキャラクターとして描かれるので、最初は無慈悲な悪役のようにも見えますが、次第に彼が行う裁きが「どうにもならない事」と感じられるようになります。
この映画の世界では彼は絶対的に正義であり神である、と語られるのです。

また、彼が裁きを終えると必ず行う「カラオケ」という儀。
タイではカラオケの扱いは日本のように興業的ではなく、より宗教的な意味合いが強いものとの事です。
罪人を裁き、そして自らを浄化させる為の儀式としてカラオケを歌う。
何度も繰り返されるその行為がもちろん異常な光景なのは間違いないのですが、彼が「絶対的である」事を象徴する為にしつこく描かれています。

そんな神のような存在であるチャンに力では敵わないと悟るジュリアン。
幼い頃から母親に支配される人生を送ってきて、その母親も最後には神に裁かれる。
長きに渡る支配から解放されたジュリアンは自らの罪を認め、神に裁きを被る。

といった話。

アンチカタルシスと言うのでしょうか、全くスッキリとした終わり方もせず、
ライアン・ゴズリングを”悪と戦う正義”の役という期待を最後まで持ってしまう人には全く受け入れられない映画だと思います。

自分としてはこれぐらい吹っ切れている映画を観れたというのは大変貴重でしたし、
今年の映画を語る上でもちろん外せない一本だったと思います。

poster

【レビュー】MUD マッド

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

全体的に良い映画を観たなあという印象。
家族にそれぞれ問題を抱える二人の少年役の子たちの演技も素晴らしいし、マッド役のマシュー・マコノヒーも存在感が光っています。

次第に明らかになるマッドの過去と現在の変化に合わせて、少年、特にメインとなるエリスの成長を描く。
期待と挫折を通して一つ大人になること、女の言う事や大人の言う事に振り回されるというのはエリスにしろマッドしろ同じであったと。
でも、いくつになっても青臭く一途な想いを持っていたいと思えるものです。

ホントに自分の事を理解してくれて、一緒になって泣いて笑ってくれる人はどんなに自分の身が危険になっても守りたいと思うし、遠く離れても心で繋がりは持ち続けられる。
と前向きな気持ちにさせてくれる映画でした。

poster2

【レビュー】大脱出

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

まずこの作品の内容に触れる前に、言及しないといけないのは「予告編でのネタバレ」
こういう脱獄モノで一番アガるポイントのそのネタを先にバラされていたのでは、面白さ半減です。
この宣伝担当者は作品をちゃんと観たのか?と不思議に思えてしまいます。

ストーリーについては王道な感じの脱出サスペンスで、
細かい突っ込みどころは多いものの、ある程度リアリティラインを下げて見ればストレートに楽しめます。

そして一番楽しめるポイントはスタローンとシュワルツェネッガーの2大アクションスターが共演しているという所です。

簡単に言うと「カツ丼にハンバーグを乗せた」ような映画。
大味で脂っこいけど、男の子が大好きな2つの好物が一杯で味わえてお腹いっぱいになれます。
という事で、このメインの丼がしっかりとしたボリュームで満足感が高いので、
添え物のみそ汁や漬け物が多少マズくても全然問題無いのです。

poster2-2

【レビュー】ジャッジ!

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

世間での評判が上々だったので期待して観に行きましたが、正直期待外れでした。

前半は楽しめる所が結構ありました。
広告業界、自分も制作側の立場はわかるつもりですが、クライアントからの無茶ぶりと上司からの丸投げ。「無茶と書いてチャンスと読む」のフレーズとか。
あとキム兄とのやり取りや松本伊代の下りとか。

ただ、後半(日本を発ってから)ラストに至るまでがあまりにヒドすぎて、正直バカにされたような気分です。
コメディなのであまり深く考えないで観るべきなのでしょうか?
それにしてはふざけ過ぎだと思います。

・とことんステレオタイプな外国人描写
・全体のリアリティ、特に審査会のルールが無茶苦茶
これを気にしないで観ろというのは自分には到底無理でした。

一番許せないのが、きつねうどんのCM。
あれは太田(妻夫木聡)が良しと思って作ったものではないはずなのに、最終的にヒットしたからと言って良しとしてしまっています。
その認識は結局この映画の作り手の方にあるもので「これでいいや」と終わらせたような感じがしました。

とても残念です。

poster2-2

【レビュー】New York 結婚狂騒曲

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

まずはキャストにちょっと驚き。

主役のパトリックを演じるジェフリー・ディーン・モーガン。
この人はアメリカのTVドラマ「グレイズ・アナトミー」でデニー役の俳優さんですよね。
シーズン途中で出演しなくなって、自分としてはちょっと懐かしい人。

性格が奔放で大らかでロマンチストで、デニーのキャラクターと全く一緒で、
完全に舞台も設定も違う話なのに役を見間違えてしまうほどでした。

ちなみに、このジェフリー・ディーン・モーガンとハビエル・バルデムは似ているで有名ですね。

compare
左:ジェフリー・ディーン・モーガン
右:ハビエル・バルデム
たまにどっちかわからなくなります。スカイフォールの時にも迷いました。

他にも観ていてすごく気になった所が「インド描写」
ウェディングパーティを抜け出してインドの式典(パーティ?)に参加するシーン。
あそこまでの演出が必要だったのかやや謎ですが、ここ最近のインドびいきが甚だしい自分としては
低音の効いたインドポップスやクラブシーンが大音量で観て聴けただけでもすごく嬉しい場面でした。
エンディングにも使われてましたね。あれだけのインド推しは何だったのでしょう?
まあ、あの友人のインド人少年がハッキングする所からいろいろと話が転がる訳だし、
インドの”ITが強いイメージ”というやつでしょうか。もう少し理由はありそうです。

えー、ここまで話を先延ばしにしてしまいましたが
肝心のお話については正直納得はできていません。。
パトリック(ジェフリー・ディーン・モーガン)とエマ(ユマ・サーマン)。
最後に二人が結ばれるのはもちろんわかっていましたが、結局最終的に結ばれた理由もなんとなくごまかされた感じがして。
ハッキングとか職権乱用とかパトリックの強引さは社会的にダメだと思うし、エマもただフラフラしてだらしないだけに見えます。
これだと最初に別れてしまったパトリックの婚約相手と、エマのフィアンセのリチャードが救いようがなく単に可哀想な役になってしまいます。
そう、自分はこの主役二人にうまく気持ちがノれなかったんです。
このあたりは女子の目線とは自分がだいぶ違うのか、ラブコメというジャンルとして許容するべきなのか。
んー、これ以上文句言うのは感じ悪いのでやめておきます。

【余談】
たまたま同じ回で中川先生が来ていました。
彼女含め友人たちとニューヨークに遊びに行った事が以前あったのですが、クイーンズの”アストリア”というパトリックの住む地区に僕たちも宿を取っていて駅や通りの見た事がある風景が流れて、ちょっと懐かしい気分になりました。
勝手に宣伝しますが「ムーンパレス」という日本人のオーナーさんがやっているドミトリー、アストリア3号店とあとミッドタウンの1号店もあります。
旅の仲間も増えますし非常に安く泊まれます。ニューヨークに滞在される方は是非ご利用ください!
http://www.moonpalace-ny.com/

poster

【レビュー】ほとりの朔子

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

登場人物はそれほど多くないのに、話が進むにつれてその人間関係がどんどん複雑に絡んで行く、
ただ、その語り口はすごく自然でテンポが良く、観ていて興味をどんどん引かれる。

この作品で演出の一番のポイントは「語らない」事だと思いました。
『それは内緒』というセリフが劇中何度か出てきます。
その中身は語られる事もあれば、語られないものも多くあります。

「言葉にせず、空気を読め」というある種日本人独特のコミュニケーションは大人になるにつれて身に付いて行くもの。
朔子(二階堂ふみ)がこの短い夏休みに体験した「ちょっと大人な世界」はある意味「語らない」世界の一つだったのではないかと思います。
淡い恋心と静かな失恋、男女の一線を超えるタイミングとその後のドロドロした関係、もちろんお互いに本音は語らない。
登場人物たちが語っていないのはもちろん、映画そのものでも直接的に見せていない所がすごく多いです。

また、もう一つテーマとしてうまく使われていたのが、
終盤に海希江(鶴田真由)が朔子に語る「実は他者の方が自分の事をわかっている事もある」といったセリフ。
朔子が最後に『やりたい事がなんとなく見つかった』と成長を感じるきっかけになったこの言葉。
実は前半の西田(大竹直)がビーチで自分の作品について語っていた「客観の中にも主観は入っている」といったちょっと小難しい話の部分でも触れられていて、説得力の強いメッセージになっています。

タイトルの「ほとり」が意味する所は、何か大きな世界の「手前にいる」事と考えました。
人生の中で18歳という大人の「ほとり」に立った朔子がこの1週間ちょっとの夏休みでちょっとだけ成長して帰っていく。

舞台挨拶で深田監督が語った”この映画がどういう映画か”について
『何か特別に伝えたいメッセージやテーマがあったというよりかは純粋に俳優たちを描きたかった』とおっしゃっていましたが、
制作の早い段階で主要キャストが決まり、それぞれのキャストが現場で醸し出す空気感を生かしたセリフというのを大事にしたとの事です。

そのセリフの”間”や効果的に使われる長回しのカットと合わせて、すごく自然な空気感、そして”行間”のある作品でした。

今年を代表する一本である事は間違いないです。

poster2-1

【レビュー】Seventh Code

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

近年女優としての評価が急上昇中の前田敦子主演で監督/脚本に黒沢清という豪華なマッチング。
都内でも1館のみ1週間限定(レイトショーのみ)で非常に小規模な公開。

所感、とてもビックリしました、いろんな意味で。
お話的な展開にも普通に驚きましたし、そもそもこの映画が前田敦子の新曲PVだった事も知りませんでした。
宣伝チラシにも普通に書かれていましたが、皆さんご存知で観てたのでしょうか?
やられた、という感じです。

すごく低予算で少ないスタッフで作ったようで、配役含めてやや安っぽくも見えましたが、やはり前田敦子のパワーで持って行ったなあという印象です。
起承転結の「転」の後がすごく短くてあっさり終わってしまったようで、やや物足りなさはあります。

51hJSlKIq1L

【レビュー】オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

都内1週間の限定公開という事で公開日に観てきました。

「超能力モノ」
と安易な名前を付けてしまいますが、自分の大好物なジャンルで、『ジャンパー』とか『クロニクル』とかの雰囲気に近い、日常生活を舞台とする超能力を持った青年の話です。

その特殊な能力は死者や死神を見る事ができる「霊能力」と扱われていて、
予告を見た感じだと、同じような力を持った敵と戦うとか、はたまたその死神と戦うとか、そっちの方向に行くのかと思いきや
意外にも普通の殺人事件を解決するという話でした。
期待していたほどの派手な展開が少なかったようにも感じましたが、やはり犯人を探って行く流れには普通にドキドキしましたし、ラストのまさかの悲劇に驚きと涙を誘う演出もあり、全体のインパクトは十分にあったと思います。

と、設定やストーリー自体にはそこそこな納得具合なのですが、
今回他に大きな見どころがあります。

それは、ヒロイン”ストーミー”を演じるアディソン・ティムリンという女優さんです。
22歳の彼女は日本ではまだ馴染みが浅いようですが、アメリカではTVドラマでかなり人気を博してるとの事です。

img_cast2

ちょっとオリエンタルな雰囲気もある濃いめな顔立ちだけど、思いっきり甘さがあると言いますか。
勤め先のアイスクリーム屋で、ピンクのセクシーな制服を着させるといった所も彼女の可愛さを存分に見せようという意図が感じられます。
『世界に一つのプレイブック』でジェニファー・ローレンスを見ていた時と同じような感覚で、彼女がスクリーンに写っているだけで幸せな気分になります。
(簡単に言うとデレデレしてただけなのです。)
とにかくこの映画で彼女に出会えたのは大きな収穫でした。

その他、余談に近いですが
2点ほど細かい突っ込みをしたい所。

▼無駄にグロい
死者が見える設定なので、死体と触れる事もあるとは思いましたが、ゴキブリとかウジ虫はそこまで見せる必要なかったんじゃないかと思います。

▼車を盗む時に、スターターの電線をバチってやってエンジンをかけるシーン
これ、いい加減古い演出なんじゃないかと思いますが、この映画でも2回出てきます。
しかも車に乗り込んだ瞬間にバチってやってますが、そんなにちょうど良く出てないだろ、、、と突っ込んでしまいました。

まあ、とはいえ
VFXもしっかりしていてルックは良いですし、見応えは十分あり満足の行く一本でした。

poster2-1

【レビュー】グォさんの仮装大賞

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

主要キャストのおじいさんたちがこぞって70歳オーバー。
そんなおじいさんたちの青春群像劇。

全体は大きく3部で構成されていて、
<1部>
老人ホームに新しく入居した主役のグォさん、仮装演劇をリードするチョウさんをメインに、ホームでの孤独感や閉塞感、家族との確執、演劇を始めようとするも病気や年齢的に諦めないといけないという現実を重く感じさせるパート。
<2部>
職員や家族の反対を押し切って、大会の開催される都市にバスで向かうロードムービーパート。
<3部>
大会本番とその後を描くラストパート。

1部ですごく重たい雰囲気から対比させるように2部で大きく世界が広がっていく展開がとても気持ち良かったです。
中国の広大な大地の描写。360度何もないただ道が続くだけの景色。アメリカ西部(アリゾナ、グランドキャニオン近辺)を車で回った時の事を思い出しました。地球、世界の広さを感じると共に自分の存在の小ささも何となく感じてしまいます。
また、3部でのある人を見送るシーンとそこからの大規模なラストは、この作品全体を涙と一緒に明るく優しく包んでくれました。

真木よう子似の老人ホーム院長(イエン・ビンイエン)が家族と一緒におじいさんたちを車で追うシーンで語っていました。
「遠く離れた親とあなたがこれから一緒に過ごす事ができる時間はたった10日足らず」
これは親に限らずの話ですが、胸に留めておかないといけない事だと思います。

あと、老人ホームの中にいる僕らの大事な人たちは少なからず「死ぬのを待つだけの暮らし」という意識があるというのも忘れてはいけない。
医者が言うように無茶をさせれば体に悪い、と言うのはもっともですが、残りわずかの人生を数え始めた人たちに自分たちがやれることは何か、いずれ自分もその当事者になると一つ覚悟も決めたわけです。

「麦子さんと」評でも語りましたが、家族の映画は自分と家族への置き換えがあるから自分の人生に影響を与えるという意味ではそれだけで観る価値と意味があると思います。

poster2-4

【レビュー】麦子さんと

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

母が子供を想う気持ち。
子供が母を想う気持ち。

シンプルな構成と丁寧でわかりやすい演出で語られるすごく直球なメッセージ。

これは映画自体を語るよりも、観た人それぞれが自分の境遇と照らし合わせて噛み締める事に意味があるものです。

前半に登場する母親があまりに可哀想に描かれ過ぎていて、本当に心が痛い。
ここまで親と反発する事も無いにしろ、少なからず誰しも親(母親)に感じた事がある感情を思い出します。
自分に近いからこそその距離感が嫌になったり、素直になれなかったり。

親は、何があっても子供の味方。
それがわかっているなら、自分も親に素直に感謝の気持ちを伝えよう。
生きてるうちに。

一番この作品で印象的なのは、やっぱり最後に出てくる母の笑顔。
すごく嫌われる人物として描かれてそのままあっさり死んでしまうという前半の場面から、後半での回想では一切母の顔は出さずに最後の最後まで引っ張って登場させるという構成になっていて、とても涙を誘われました。

挿入曲として使われる松田聖子の「赤いスウィートピー」も明るさと切なさが混じっていて、この作品にすごく合っていたと思います。