poster2-1

【レビュー】Seventh Code

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

近年女優としての評価が急上昇中の前田敦子主演で監督/脚本に黒沢清という豪華なマッチング。
都内でも1館のみ1週間限定(レイトショーのみ)で非常に小規模な公開。

所感、とてもビックリしました、いろんな意味で。
お話的な展開にも普通に驚きましたし、そもそもこの映画が前田敦子の新曲PVだった事も知りませんでした。
宣伝チラシにも普通に書かれていましたが、皆さんご存知で観てたのでしょうか?
やられた、という感じです。

すごく低予算で少ないスタッフで作ったようで、配役含めてやや安っぽくも見えましたが、やはり前田敦子のパワーで持って行ったなあという印象です。
起承転結の「転」の後がすごく短くてあっさり終わってしまったようで、やや物足りなさはあります。