poster2-4

【レビュー】麦子さんと

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

母が子供を想う気持ち。
子供が母を想う気持ち。

シンプルな構成と丁寧でわかりやすい演出で語られるすごく直球なメッセージ。

これは映画自体を語るよりも、観た人それぞれが自分の境遇と照らし合わせて噛み締める事に意味があるものです。

前半に登場する母親があまりに可哀想に描かれ過ぎていて、本当に心が痛い。
ここまで親と反発する事も無いにしろ、少なからず誰しも親(母親)に感じた事がある感情を思い出します。
自分に近いからこそその距離感が嫌になったり、素直になれなかったり。

親は、何があっても子供の味方。
それがわかっているなら、自分も親に素直に感謝の気持ちを伝えよう。
生きてるうちに。

一番この作品で印象的なのは、やっぱり最後に出てくる母の笑顔。
すごく嫌われる人物として描かれてそのままあっさり死んでしまうという前半の場面から、後半での回想では一切母の顔は出さずに最後の最後まで引っ張って登場させるという構成になっていて、とても涙を誘われました。

挿入曲として使われる松田聖子の「赤いスウィートピー」も明るさと切なさが混じっていて、この作品にすごく合っていたと思います。