poster2-2

【レビュー】New York 結婚狂騒曲

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

まずはキャストにちょっと驚き。

主役のパトリックを演じるジェフリー・ディーン・モーガン。
この人はアメリカのTVドラマ「グレイズ・アナトミー」でデニー役の俳優さんですよね。
シーズン途中で出演しなくなって、自分としてはちょっと懐かしい人。

性格が奔放で大らかでロマンチストで、デニーのキャラクターと全く一緒で、
完全に舞台も設定も違う話なのに役を見間違えてしまうほどでした。

ちなみに、このジェフリー・ディーン・モーガンとハビエル・バルデムは似ているで有名ですね。

compare
左:ジェフリー・ディーン・モーガン
右:ハビエル・バルデム
たまにどっちかわからなくなります。スカイフォールの時にも迷いました。

他にも観ていてすごく気になった所が「インド描写」
ウェディングパーティを抜け出してインドの式典(パーティ?)に参加するシーン。
あそこまでの演出が必要だったのかやや謎ですが、ここ最近のインドびいきが甚だしい自分としては
低音の効いたインドポップスやクラブシーンが大音量で観て聴けただけでもすごく嬉しい場面でした。
エンディングにも使われてましたね。あれだけのインド推しは何だったのでしょう?
まあ、あの友人のインド人少年がハッキングする所からいろいろと話が転がる訳だし、
インドの”ITが強いイメージ”というやつでしょうか。もう少し理由はありそうです。

えー、ここまで話を先延ばしにしてしまいましたが
肝心のお話については正直納得はできていません。。
パトリック(ジェフリー・ディーン・モーガン)とエマ(ユマ・サーマン)。
最後に二人が結ばれるのはもちろんわかっていましたが、結局最終的に結ばれた理由もなんとなくごまかされた感じがして。
ハッキングとか職権乱用とかパトリックの強引さは社会的にダメだと思うし、エマもただフラフラしてだらしないだけに見えます。
これだと最初に別れてしまったパトリックの婚約相手と、エマのフィアンセのリチャードが救いようがなく単に可哀想な役になってしまいます。
そう、自分はこの主役二人にうまく気持ちがノれなかったんです。
このあたりは女子の目線とは自分がだいぶ違うのか、ラブコメというジャンルとして許容するべきなのか。
んー、これ以上文句言うのは感じ悪いのでやめておきます。

【余談】
たまたま同じ回で中川先生が来ていました。
彼女含め友人たちとニューヨークに遊びに行った事が以前あったのですが、クイーンズの”アストリア”というパトリックの住む地区に僕たちも宿を取っていて駅や通りの見た事がある風景が流れて、ちょっと懐かしい気分になりました。
勝手に宣伝しますが「ムーンパレス」という日本人のオーナーさんがやっているドミトリー、アストリア3号店とあとミッドタウンの1号店もあります。
旅の仲間も増えますし非常に安く泊まれます。ニューヨークに滞在される方は是非ご利用ください!
http://www.moonpalace-ny.com/