poster3-400

【レビュー】カノジョは嘘を愛しすぎてる

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

この作品の成功ポイントは大きく2つ。
・ヒロインを演じる大原櫻子さんの存在感と歌唱力
・音楽プロデューサー亀田誠治さんの作る楽曲の完成度の高さ

まずはヒロイン理子を演じる大原櫻子さん、
この映画のために5000人のオーディションを行い、監督の小泉徳宏さん、音楽プロデューサー亀田誠治さん、原作者の青木琴美さんらに満場一致で認められての大抜擢という事で、その歌唱力と役へのハマり方は間違いないものでした。

弱冠18歳(撮影時16,17歳?)の完全な新人さんですが、
幼少期からクラシック音楽、ダンス、バレエ、歌に精通していたとの事で、見事なシンデレラガールの誕生を見る事ができました。

続いて亀田誠治さんについて、
元東京事変のベーシストで、日本の音楽シーンにも多大な影響を与えた人です。
上記大原櫻子さんの選出も含めてですが、彼が作る楽曲がヒット曲として本当に存在しそうなリアリティや時に少女漫画らしいキラキラした今っぽさもあったり、この作品をすごく理解して音楽の力で物語の説得力を持たせる事に貢献しています。

これ以外にも佐藤健やCRUDE PLAYのバンドメンバーの演奏シーンも嘘っぽくなく、
全体を通して「音楽に正しく向き合っている」という作り手の真摯な姿勢がこの作品の良さをグッと高めていると思います。

もちろん原作は完全に少女漫画なので、各セリフや演出は笑ってしまうほど”クサイ”です。
でもそういう話だとわかってしまえば全然気にならなくなりますし、最後にはすごく引き込まれてしまいます。

評判どおりとても良い作品でした。
大原櫻子さんの今後の活躍にも期待です。

【おまけ】
中川先生が見つけた小ネタですが、
ポスターの一部分、「愛」の中に小さくハートが入っています。
こういうのを見つけられるとちょっと嬉しいですね。