poster2

【レビュー】エンダーのゲーム

ネタバレ注意!

この映画評は私自身の鑑賞メモという扱いで、基本的に本編の内容に触れる事が多いものです。
作品をご覧になっていない方は鑑賞後に読んで頂く事をオススメ致します。
最新情報はTwitter/Facebookにも更新していますので、良ければフォローしてみてください。

「壮大なる依怙贔屓(えこひいき)」
一言で言うとそんな印象です。

“選ばれし者”という形で世界を救う主人公のエンダーという少年が、最初から最後までひいきされているだけで話が進んで行きます。
冒頭から「お前は特別だ」「賢いのはエンダーだけだ」と言われ、何もしていないのに自動的にステージが上がって行って、知らない間に世界を救った、みたいな

平和的な解決を目指すとかそういう方向が中盤から現れてきますが、
とにかくエンダー自身が最初から出来る子過ぎて、何か葛藤や苦難を乗り越えるとかそういった描写が無いまま話がどんどん進むし、実際に地球にどれだけの危機が迫っているのかとか、この宇宙人と戦おうとしている組織がどんだけスゴいのかとかがイマイチ見えてこないせいで、全体的にリアリティが全く感じられません。

そんな疑惑が積み重なった状態で迎えたラストも、結局これが実際の戦いだったと明かされても「ああ、そうですか」と完全に他人事のようにしか思えないのです。

小説が原作という事で、そちらは未読なのですがおそらく長編の内容を頑張って2時間に詰め込んだ結果、ただただ説明的な話になってしまったのかなという印象です。
VFXは素晴らしかったし、無重力になる戦闘シミュレーションのシーンなんかはゼロ・グラビティを観た後でも楽しく見られるシーンでしたが、全体を通した話し運びが淡々としていてイマイチ盛り上がれませんでした。